• ホーム
  • 低用量ピルが使用してはいけない方

低用量ピルが使用してはいけない方

泣いている女性

低用量ピルを服用する事で、望まない妊娠を避ける事が可能です。
なぜ、服用するだけで避妊の効果を得られるのでしょう。
ピルは「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」という2種類の、女性ホルモンが配合されています。
毎日、定期的に服用する事で女性ホルモンのバランスを人工的に変えて、排卵が起こらないようにするのが特徴です。
排卵が起こらなければ、当然妊娠する事はできません。
ですので、ピルは避妊効果のある内服薬と言われています。

また、避妊だけでなく現在は、様々な病気や症状の治療に用いられるケースが増えました。
例えば、生理不順や生理痛を緩和する、また子宮内膜症の治療にも処方されています。
この他にも、ニキビ治療にも処方するクリニックもあるようです。
避妊だけでなく、色々な効果を発揮するピルには、高・中・低と含まれる女性ホルモンの量で種類が変わります。
低用量の場合、吐き気などの副作用が少なく安心して服用する事が可能です。

ただ、低用量ピルを飲む事ができない方も、少なからずいるので、その点は注意しましょう。
35歳以上で1日15本以上たばこを吸う方や、コレステロール値が高い、脂質異常症の方、高血圧の方、閃輝暗点を伴う偏頭痛を患っている方などです。

実は、卵胞ホルモンが増えすぎると、血栓症のリスクが高まると言われています。
たばこを日常的に吸う方や脂質異常症の場合、元々血栓症を引き起こすリスクが高い為、低用量であっても服用する事はできません。

もし、低用量ピルの服用を希望するのであれば、医師にたばこを吸っている事や、コレステロールが高いなど、不安に思っている点は、必ず相談しましょう。

服用する事で血栓症のリスクはありますが、定期的に血液検査を受ける事で、血栓症になりやすくなっているかどうか、調べる事もできるので、恐れずにまずは医師に相談する事がお勧めです。

人気記事一覧
アーカイブ