• ホーム
  • ホルモンバランスが身体に与える影響

ホルモンバランスが身体に与える影響

自信を持っている女性

日本では以前は避妊目的でのピルの使用は禁止されていまいしたが、現在では避妊用ピルの使用が認められ低用量ピルが主流になっています。
この低用量ピルは避妊以外にも効果があり、月経痛の軽減や出血量を減らし貧血予防などにも使われています。
ピルの主成分は卵胞ホルモンと黄体ホルモンで、28日周期で月経が来るように調節されておりホルモンバランスを整える事が出来ます。
そのため受験や旅行などの予定に合わせて1か月以上前から調節すれば、ずらす事が可能です。
ホルモンバランスが崩れると肌状態が悪くなる人が多いですが、バランスが整う事で肌の状態が良くなり、また女性ホルモンには男性ホルモンの作用を抑える効果があるためニキビや多毛も改善されます。
月経前症状が強く出ていた人は、排卵前後のホルモンの大きな変動が無くなるため症状の軽減が出来ます。

また40歳位から女性ホルモンのバランスが乱れ、更年期による不定愁訴が増えて来ます。
ホルモンバランスを整える事で症状の改善が出来るようになります。
女性ホルモンには骨密度を維持する作用があり、不足すると骨粗鬆症を起こします。
ピルで不足した女性ホルモンを補うことが出来るため予防効果があります。
更年期でなくても疲れやストレスなどでホルモンのバランスが崩れると、不眠やイライラなどの症状が出て来ますが、それらの症状も改善して来ます。

その他子宮内膜症の予防や改善、卵巣がんや卵巣のう腫の予防、子宮の入り口が狭くなる事による性病感染予防などがあります。
ピルには血栓症など危険な副作用も報告されていますので、使用する時には医師の処方が必要です。